先輩からのメッセージ

入社以来、若手ホープとして活躍中!

初めて飛び込んだネットワーク業界

入社前は郵便局の郵便物の区分をしていましたが、ネットワークに興味を持ち始めて思い切ってすぱっと辞めてCCNAを取得した。 ネットワークを設計するにあたって、パケットの流れや通信の仕組みを説明しなければならないのでCCNA取得してからCCNPの資格を取る事をメインに勉強をしていた。 入社後のネットワークの初めての仕事は、運用保守の仕事に就き、内容は大手企業をメインとした主に障害対応の業務を担っていました。シフト勤務の3交代で回してた24時間365日の業務を10ヶ月間やらせて頂きました。

自分の課題がはっきりわかった
自分の課題がはっきりわかった

次の業務は官公庁の機関ネットワークの設計業務に移動しました。 入場して一週間ぐらいで3名の業務でしたが、マルチキャストルーティングの説明をして下さいと言われてスタティックルーティングの説明もろくに説明出来ない事に気付いた時には、お客様がそこにいて、時既に遅しといいますか、お客様にご迷惑をおかけしました。とても悔しい思いをしました。 まず、一つ一つの技術のパケット動作やネットワークの一連の流れを 資格の勉強の段階でちゃんと把握していなかったので、これからはしっかり説明出来て 尚かつ一連の仕組みを把握出来る勉強方法を模索して行きたいと思っています。

業務の経験から自分の将来が見えた

直近で設計業務を担った経験とswitchingの勉強、それとroutingの勉強を合わせてしっかり技術の説明ができるようような人物になっていきたいですね。 常に技術の勉強を怠らずに、新人教育ももちろん相手に対して技術を説明する際に相手にとって理解出来るような、と言いますか相手のレベルに合わせて学習を実施することが重要だと思っています。 経験、監視から設計迄色々な経験をして技術を理解しつつ遠い目で見て 聞いている相手が理解出来るような説明が出来る技術者になれることを夢見ています。それで人の役に立てると思っています。

業務の経験から自分の将来が見えた
CCNPに合格した
CCNPに合格した

お陰様でCCNP全科目に合格しました。 CCNPの勉強は実質半年くらいです。ブランクもあり、勉強は相当大変でした。 自分が現場未経験だった事もあって、最初は意味不明の状態でした。 勉強していて一番難しかったのは入社してすぐに勉強したroutingです。実際に頭で考えてもわからないので、シミュレーターと実機による検証で、頭を整理しながら理解しました。 CCNPに合格してみてネットワークに関して言えば、自分に自信を持てたというのと、今後のキャリア形成に弾みが付きました。 会社にはCCIEまで対応する機器が揃っているので、来年取得に向けて勉強しています。

お客様と仕事をする

現場で使うL2レベルの技術については、全て説明できるようになりたいです。 間違いなくL2レベルの技術、VLAN、STP、LAGは、現場で使うので、お客様へ説明する上で必要になるために必須ですね。 それとCCNPレベルですが難しいところなので、L3レベルでのルーティングプロトコル、マルチエリアOSPFの制御とBGPのパス制御と冗長化プロトコル、FHRPも一通り説明できるようになりたいですね。 筆記でもラボでもOSPF・BGP・MPLS・マルチキャストルーティングは出題されますから。 しっかりと学んでいきます。

お客様と仕事する

▲TOP

/