ホーム > 便利なコマンド集

CCNAシミュレーション・シナリオ問題対策|PsiD NWS
初めての方へ | CCNAシミュレーション問題受験対策 株式会社Polestar-ID
これがシミュレーション問題だ!
CCNA受験までの手引
便利なコマンド集
よくある質問Q&A
よくある質問Q&A

便利なコマンド集

よく使われるコマンドをよく理解することで、CCNAの勉強もはかどります。
ここでは、知っておきたいコマンドを特に厳選して解説しています。
※コマンドをクリックするとその詳しい情報が表示されます。

show ip route

概要

特定のIPアドレス、ネットワークマスク、またはプロトコルのルート情報を表示するには、EXEC モードでshow ip routeコマンドを使用します。

構文

show ip route |

構文の説明

出力修飾子変数

begin

一致するパターン。最大80文字まで英数字を指定できます。

count

インターフェイスの行数をカウントします。単語countの後に数字を追加します。

end

一致する行で終了します。最大80文字までの英数字を指定できます。

ip address

概要

イーサネットインターフェイスに対し、IP アドレスとネットマスクを設定するには、インターフェイスコンフィギュレーションモードでip addressコマンドを使用します。IP アドレスを削除するか、IP プロセシングをディセーブルにするには、このコマンドのno形式を使用します。

構文

ip addressip-address netmask

(注) 複数のインターフェイスで、同じ IP アドレスを設定できます。この設定により、2 つのインターフェイス間の切り替えに必要なコンフィギュレーション手順を制限できます。

構文の説明

ip-address

IPv4 バージョンの IP アドレス。

netmask

関連付けられた IP サブネットのマスク。

デフォルト

イネーブル

コマンドモード

インターフェイス コンフィギュレーション(config-GigabitEthernet)

使用例

正確にアドレスとネットマスクを 1 つずつ指定する必要があります。指定しない場合、エラーが発生します。

【例】
acs/admin(config)#interface GigabitEthernet 1
acs/admin(config-GigabitEthernet)#ip address 209.165.200.227 255.255.255.224
IP Address was modified.

hostname

概要

システムのホスト名を設定するには、コンフィギュレーション モードでhostnameコマンドを使用します。システムからホスト名を削除するには、このコマンドのno形式を使用します。これでシステムのホスト名が localhost にリセットされます。

構文

hostnameword

構文の説明

word

ホストの名前。2 〜 64 文字の英数字と下線(_)で指定します。ホスト名はスペース以外の文字で始める必要があります。

デフォルト

デフォルトの動作や値はありません。

コマンドモード

コンフィギュレーション

使用例

シングル インスタンス タイプのコマンドであるhostnameは、システムの設定時に一度だけ実行します。ホスト名には 1 つの引数を含める必要があります。引数がない場合、エラーが発生します。

【例】
acs/admin(config)#hostname myserver-1

show interfaces

概要

すべてのインターフェイスまたは指定されたインターフェイスの管理ステータスおよび動作ステータスを表示するには、show interfaces特権EXECコマンドを使用します。

構文

show interfaces [ interface-id | vlan vlan-id ] [ accounting | capabilities [ module number ] | counters |description | etherchannel | flowcontrol | pruning | stats | status [ err-disabled ] | switchport [ backup |module number ] | transceiver | properties | detail [ module number ] | trunk ]

構文の説明

nterface-id

(任意)有効なインターフェイスは、物理ポート(タイプ、スタック メンバー、モジュール、およびポート番号を含む)やポート チャネルなどです。ポートチャネル範囲は1〜6です。

vlan vlan-id

(任意)VLAN IDです。指定できる範囲は1〜4094です。

accounting

(任意)インターフェイスのアカウント情報(アクティブ プロトコル、入出力のパケット、オクテットを含む)を表示します。
(注)ソフトウェアで処理されたパケットのみが表示されます。ハードウェアでスイッチングされるパケットは表示されません。

capabilities

(任意)すべてのインターフェイスまたは指定のインターフェイスの性能(機能、インターフェイス上で設定可能なオプションを含む)を表示します。このオプションはコマンドラインのヘルプに表示されますが、VLAN ID に使用できません。

modulenumber

(任意)指定したスタック メンバーまたはスイッチのすべてのインターフェイスのcapabilities、switchportコンフィギュレーション、またはtransceiver特性(前に指定されたキーワードによる)を表示します。指定できる範囲は 1 〜 4です。このオプションは、特定のインターフェイス ID を入力するときは利用できません。
(注) スタックは、LAN Base イメージを実行している Catalyst 2960-S スイッチのみでサポートされています。その他のすべての Catalyst 2960 スイッチでは、有効なモジュール番号は 1 のみです。

counters

(任意)show interfaces countersコマンドを参照してください。

description

(任意)特定のインターフェイスに設定された管理ステータスおよび説明を表示します。

etherchannel

(任意)インターフェイスEtherChannel 情報を表示します。

flowcontrol

(任意)インターフェイスのフロー制御情報を表示します。

pruning

(任意)インターフェイス トランク VTPプルーニング情報を表示します。

stats

(任意)インターフェイスのスイッチング パスによる入出力パケットを表示します。

status

(任意)インターフェイスのステータスを表示します。Type フィールドのunsupportedのステータスは、他社製の Small Form-Factor Pluggable(SFP; 着脱可能小型フォーム ファクタ)モジュールがモジュール スロットに装着されていることを示しています。

err-disabled

(任意)errdisable ステートのインターフェイスを表示します。

switchport

(任意)ポート ブロッキング、ポート保護設定など、スイッチング ポートの管理ステータスおよび動作ステータスを表示します。

backup

(任意)スイッチ スタック上の指定したインターフェイスまたはすべてのインターフェイスのFlex Link バックアップ インターフェイス コンフィギュレーションおよびステータスを表示します。

transceiver [detail |properties ]

(任意)低密度波長分割多重(CWDM)または高密度波長分割多重(DWDM)SFP モジュール インターフェイスの物理プロパティを表示します。キーワードの意味は次のとおりです。
detail : (任意)高低の番号、アラーム情報を含む較正プロパティを表示します。
properties :( 任意)インターフェイスの速度とデュプレックスの設定を表示します。

trunk

インターフェイス トランク情報を表示します。インターフェイスを指定しない場合は、アクティブなトランキング ポートの情報のみが表示されます。

show access-lists

概要

スイッチに設定された Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)を表示するには、show access-listsイネーブル EXEC コマンドを使用します。

構文

show access-lists[name | number | ;hardware counters | ipc ] [ | { begin | exclude | include } expression ]

構文の説明

name

(任意)ACL の名前です。

number

(任意)ACL の番号です。指定できる範囲は 1 〜 2699 です。

hardware counters

(任意)切り替えられ、ルーティングされたパケットのグローバル ハードウェア ACL 統計情報を表示します。

ipc

(任意)Interprocess Communication(IPC)プロトコル アクセス リスト コンフィギュレーションのダウンロード情報を表示します。

| begin

(任意)expressionと一致する行から表示を開始します。

| exclude

(任意)expressionと一致する行を表示から除外します。

| include

(任意)指定されたexpressionと一致する行を表示に含めます。

expression

参照ポイントとして使用する出力内の式です。

show version

概要

ハードウェアおよびファームウェアのバージョン情報を表示するには、show versionユーザ EXEC コマンドを使用します。

構文

show version[|{begin|exclude|include}expression]

構文の説明

| begin

(任意)expressionと一致する行から表示を開始します。

| exclude

(任意)expressionと一致する行を表示から除外します。

| include

(任意)指定されたexpressionと一致する行を表示に含めます。

expression

(任意)Interprocess Communication(IPC)プロトコル アクセス リスト コンフィギュレーションのダウンロード情報を表示します。

| begin

(任意)expressionと一致する行から表示を開始します。

| exclude

(任意)expressionと一致する行を表示から除外します。

| include

(任意)指定されたexpressionと一致する行を表示に含めます。

expression

参照ポイントとして使用する出力内の式です。

コマンドモード

ユーザ EXEC

[shutdown] [no shutdown]

概要

インターフェイスをイネーブルにするには、shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。ディセーブルであるインターフェイスを再起動する場合は、このコマンドのno形式を使用します。

構文

shutdown

構文の説明

 

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

デフォルト

ポートはイネーブルです(シャットダウンしません)。

コマンドモード

インターフェイス コンフィギュレーション

[ip access-group] [no ip access-group]

概要

レイヤ 2 インターフェイスへのアクセスを制御するには、ip access-groupインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。インターフェイスからすべてまたは指定のアクセス グループを削除する場合は、このコマンドのno形式を使用します。

構文

ip access-goroup [access-list-number] [name]

構文の説明

access-list-number

IP Access Control List(ACL;アクセス制御リスト)の番号です。指定できる範囲は、1 〜 199 または 1300 〜 2699 です。

name

ip access-list グローバル コンフィギュレーション コマンドで指定された IP ACL 名です。

in

入力パケットに対するフィルタリングを指定します。

デフォルト

アクセス リストは、インターフェイスには適用されません。

コマンドモード

インターフェイス コンフィギュレーション

[ip ssh] [no ip ssh]

概要

スイッチが Secure Shell(SSH; セキュア シェル)バージョン 1 または SSH バージョン 2 を実行するように設定するには、ip sshグローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。このコマンドは、スイッチが暗号化ソフトウェア イメージを実行している場合にのみ使用可能です。デフォルト設定に戻すには、このコマンドのno形式を使用します。

構文

ip ssh [1|2]

構文の説明

1

(任意)スイッチが SSH version 1(SSHv1; SSH バージョン 1)を実行するように設定します。

2

(任意)スイッチが SSH version 2(SSHv2; SSH バージョン 2)を実行するように設定します。

デフォルト

デフォルトのバージョンは、SSH クライアントによってサポートされる最新の SSH バージョンです。

コマンドモード

グローバル コンフィギュレーション

 

Copyright© 2015 Polestar-ID Co., Ltd. All right reserved