CCNA学習

【2020新卒研修日記】CCNAに向けて最初の学習!④【2020.10.21】

こんにちは!!

今回の記事はかとりゅうさん、かいティンさん、おかむさんの
三人でお送りします!

是非、最後まで読んで頂けると嬉しいです!

CCNAの現在の学習状況について④


私(おかむ)は以前に引き続き下記の本を活用して、CCNAの学習を進めています!


ゼロからはじめるCCNA「超」基礎講座

https://www.sbcr.jp/product/4797388282/a

出版社:SB Creative

著者:Gene

これまで章ごとに記事を掲載してきましたが、この4・5日で集中的に読み進め、
なんと読み終えてしまいました!
細かい所まで完璧に理解しているわけではありませんが、おおよそ把握できたと思っています。

基礎的な部分を学び終えた為、物は試しとping-t(CCNA等試験の問題演習を行えるサイト)でネットワークの基礎部分だけ演習を行ってみました!

結果ですが、50%程の正答率でした…。
今回扱った本では掲載されていない知識を問う問題なども出て、
理解出来る所と不明点が綺麗に分かれた形となります。
この本はネットワーク基礎の下地の基礎を理解するといった趣旨の為、
今回の学習範囲ではカバーしきる事はできませんでした。
ですが、タイトルの通りネットワークをゼロから学ぶには最適な本です!
自分だけでは解釈しきれない仕組みや用語を分かりやすく解説してくれています。
学習の際に最初の一冊として選んでもいいと思われます。

今後は…

今後、私は前述のping-tやCCNAイージス(CCNAの学習サイト)などを活用しながら、
基礎知識の補填と問題演習を取り組み、資格取得に励みたいと思います。
一先ずは11月中の取得を目指して、日々の学習を怠らずに着実に前進していきたいと思いました!!

編集後記(かいティン)

いかがでしたでしょうか。
おかむさんは実際に本で学習してからPing-tに移ったようですが
最初の分野をいきなり50%取るのは凄いなと感じました。
私自身も学習に取り組んでいましたがいきなり半分を取ることなどできなかったのでおかむさんはいいスタートが切れているのではないのかなと感じました。
今後のおかむさんの学習状況には期待が高まりますね!!

本日の記事は以上となります。
次回の記事もお楽しみに!!!


【2020新卒研修日記】CCNAに向けて最初の学習!【2020.10.5】

こんにちは!!

今回の記事はかとりゅうさん、かいティンさん、おかむさんの
三人でお送りします!

是非、最後まで読んで頂けると嬉しいです!

CCNAの現在の学習状況について

私(おかむ)は現場での勤務が終了し、本社にてCCNAの学習
進めている最中です。
現在は以下の本を用いて、ネットワークで使われている
技術の全体像の把握などに努めています。計7章に分かれて記載されており、
私は1日に1章ずつ学習して知識の把握をしています。

ゼロからはじめるCCNA「超」基礎講座
https://www.sbcr.jp/product/4797388282/
出版社:SB Creative
著者:Gene

この本のインプットがある程度終わったら、
Ping-tと呼ばれるWEBサイトを利用して
実際にどんな問題が出るか確認しながらCCNAに
挑戦していきたいと思っています。

私の周りにはCCNA合格者、CCNA試験間近という方々が多くいらっしゃるので
疑問点や不明点があれば質問できる恵まれた環境にあります。
この環境を活かして、CCNA取得を目指していきたいです!

あと余談ではありますが心機一転という事で皆で席替えをしました!!
今までの席でも良かったのですが
ここ2か月くらい同じような席なのでぶっちゃけ飽きていました。

今までの席替え同様おみくじで決まったのですが
皆良い感じに移動する事ができたので新鮮でとても気持ちがいいです!

見えるものが変わると気分が大幅に変わりますね!

これでもっと学習が捗りそうです!!

…と言うと別にそんなことはないですが
それでも今までとは違うメンバーと近くになったので
色々な情報を共有出来てとても楽しいです!!

学習内容についてもお互い情報共有しながら
これからも頑張っていきたいなと思いました!!

本日の記事は以上になります。
次回の記事もお楽しみに!!!!!

【2020新卒研修日記】冗長化を知ろう!【2020.9.4】

今回の記事はがわさん、かいティンさんの2人でお送りします。

冗長化とは…

が一の事態に備えて予備の機器を用意し
故障や障害が発生してもサービスを継続的に提供できる構成
取る事を意味します!!


ネットワークシステムは毎日正常に稼働しなければなりません。
例えば、同じシステムのサーバが一台でも不具合になると
その時点で発生した障害がシステム全体に悪影響を及ぼします。
冗長化を行う事によって一台のサーバが不具合を生じても
予備で用意したサーバがその役割を引き継ぐので
滞りなくシステムを作動させる事が可能になります。
要するに「備えあれば憂いなし」という意味の機能です!!

実は冗長化には大きく分けて三つのプロトコルがあるんです。

一つ目はHSRP(Hot Standby Router Protocol)です。

HSRPはデフォルトゲートウェイを冗長化させる
Cisco独自のプロトコルです。
具体的にはデフォルトゲートウェイとなるL3デバイスに
仮想IPアドレスと仮想MACアドレスを共有して
冗長化を実現させます。
仮想ルータはアクティブルータとスタンバイルータを利用し
アクティブルータが機能しなくなった場合は
スタンバイルータがその役割を引き継いでシステムを作動させます。

二つ目はVRRP(Virtual Router Redundancy Protocol)です。

VRRPはマルチベンダー環境で実装する
デフォルトゲートウェイの冗長化プロトコルです
基本的にはHSRPと同じ働きを持っていますが
仮想ルータはマスタールータとバックアップルータを利用します。
HSRPと同じくマスタールータがダウンした時は
バックアップルータが役割を引き継いでシステムを作動させます。

三つ目はGLBP(Gateway Load Balancing Protocol)です。

GLBPはHSRPと同じくCisco独自のプロトコルで
一つのグループに対して複数のデフォルトゲートウェイを
存在させます。
これによってデフォルトゲートウェイの負荷分散が実現できます。
また、冗長性を実現しながらも
バックアップ機能を持つルータも利用できるので
PCごとにデフォルトゲートウェイのアドレスを
変える必要はありません。

なお、これらのデフォルトゲートウェイの冗長化プロトコルを総称して

FHRP(First Hop Redundancy Protocol)といいます。

このように冗長化について詳しくお話してきましたが、結局何が言いたいのかというと1年中インフラの機能が故障しても維持し続ける為の機能なんだなと思ってイメージしていただければ大丈夫です!!

以上で今回の記事は終了致します。
最後までお読みいただきありがとうございました!!

引用元:store.atworks.co.jp

【2020新卒研修日記】新入社員参上!!【2020.6.23】

こんにちは!
今回の記事を担当するのは、
Makiさん、りっくんさんでお送りします!

今回の記事は1)MKIさんのLPIC受験に向けての学習計画
2)寮に・・・

1)MAKIさんのLPIC受験に向けての学習計画

本日はMAKIさんにLPIC受験に向けての
学習方法とかをインタビューしました!!
CCNAを見事一発合格したMAKIさんの
勉強方法とても気になります!!

①現在、学習はどれぐらい進んだか

今は2割ぐらいですね。
学習を進めていく度に最初にやったことを忘れてしまうので
もっと低いかもしれないですw

②学習方法

Ping-tという学習サイトを利用しています。
そのサイトは解説が優秀でとても分かりやすいので
おすすめです。
それでも分からなかった場合はイージスというサイトを利用しています。

③これから学習をする人に向けてアドバイス

最初はProgateという学習サイトを利用すると良いです。
コマンドラインが分かりやすく
初めての人でも簡単にできるのでおすすめです。

Progate:https://prog-8.com/

以上、MAKIさんのインタビューでした。

私は現在CCNAに向けて学習を進めていますが、
合格したらLPIC取得を考えているので
とても参考になりました。
これからも勉強がんばってください!

2)寮に…


今回は、私の住んでいる寮についての記事になります。


先週末に新たな住人が来ました!


Nさんと、Aさんの二人が入りました。


引っ越しの搬入があり、バタバタでしたが、無事に終わり一安心ですね。


初めは不安もあり、分からないことだらけですが
共に協力し頑張っていきます!!


実は二人だけでなく、新たな住人Gさんも来ました。


とてもシャイで、皆が寝静まったときに出てきます。
バッタリ会っても、小さな体と、俊敏な動きですぐに隠れてしまいます。
いつ現れるか分からないので、常に周りに気を配り、生活していきます!